Primal Scream

イギリス・スコットランド出身のロックバンド Primal Scream(プライマル・スクリーム)。

「ロック(=ロックンロール)」はアメリカ黒人のブルースとR&Bを主原料とし、白人が西洋由来のカントリーなどとブレンドして大衆向け音楽商品として完成させた。エルヴィス・プレスリーやビートルズも重要だが、やはり未だ現役の The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)の存在は大きい。
ローリング・ストーンズが50年間鳴らし続けてきた「ロック」は人々の耳に刷込まれているのだ。中でも’70年代の作品はどれも永遠の名作であることは間違いない。僕も遠回りをしたが結局そこに行き着いた。

そんなストーンズに真正面からぶつかったプライマル・スクリームのアルバム『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ(1994年)』。
アルバムのオープニングを飾る2曲、直球ストレート、不朽のロック・ナンバーをお聴きください。
 

Primal Scream – Jailbird

 

Primal Scream – Rocks

 
前作『スクリーマデリカ(1991年)』はロックとダンス(アシッド・ハウス/クラブミュージック)の融合が成功し大ヒット。まさしく「時代のバンド」であったプライマル・スクリーム。
続く本作『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』では突如ロックンロールの原点(ルーツ)に回帰した。この方向転換は世間から「’70年代ストーンズの真似」「失敗作」などと散々だったようだ。しかし僕としては「ストーンズを超えた数少ないロックンロール・アルバムの1枚」だと言いたい!

ロックンロールの聖地、USAテネシー州メンフィスでレコーディング。アルバム全編を通してアメリカ南部の霊的黒人オーラを感じられる、ファンキーでソウルフルな傑作に仕上がっている。商業主義インチキロック商品ではなく、心に届く弱者のロックンロール・バイブル。
ロックは権力者のものではない、僕たち弱者のものなのだ。プライマル・スクリームはそういう立ち位置にいる真のロックバンドなのだと思えた。

『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』からもう1曲、コテコテのバラードです。
 

Primal Scream – (I’m Gonna) Cry Myself Blind

 
僕は大好きだけれどなあ。
世間的には失敗作とのことで、バンドはまた新たな方向へ。

ちょうど解散したばかりの Stone Roses(ストーン・ローゼズ)からベーシストのマニが加入し大きな原動力となったアルバム『バニシング・ポイント(1997年)』から、当時流行った「ダブ」と呼ばれる音楽テイストを取り入れて大成功したクールな1曲です。
 

Primal Scream – Burning Wheel

 
これ以降の作品もアルバム毎に大きく音楽性を変えていったプライマル・スクリーム。そのどれもが鋭く時代を切り取っていて、反体制的な歌詞も含めてリアルタイムではいつも最高に尖っててカッコ良かった。反米姿勢も強く「ボム・ザ・ペンタゴン」という曲まで作っていたほどだ(アメリカ同時多発テロにより現実となったため、歌詞変更)。しかしサウンド面で時代性・攻撃性が強過ぎたのか、今はあまり繰り返し聴きたいと思えないアルバムも多いのは残念なところ。

そんな中『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』は何度でも聴きたい、時代を超えた不朽のロックンロールとして輝きを放っている。
まだまだ現役のプライマル・スクリームにはこれを超えるアルバムを期待しています。
 

[所有CD]
1. Primal Scream『Sonic Flower Groove』
2. Primal Scream『Primal Scream』
3. Primal Scream『Come Together EP』
4. Primal Scream『Screamadelica』★★★★
5. Primal Scream『Give Out But Don’t Give Up』 ★★★★★
6. Primal Scream『Vanishing Point』★★★
7. Primal Scream『Xtrmntr』
8. Primal Scream『Kill All Hippies EP』
9. Primal Scream『Evil Heat』
10. Primal Scream『Dirty Hits』
11. Primal Scream『PRML SCRM Live In Japan』
12. Primal Scream『Shoot Speed (More Dirty Hits)』
13. Primal Scream『Riot City Blues』

[外部リンク]
プライマル・スクリーム (wikipedia)
公式サイト

投稿者:

KAAL

アーティスト/デザイナー。作品・商品の紹介や、好きな音楽のレビューなど。