Samson François (サンソン・フランソワ) クラシック・ピアノ音楽との出会い

最も好きなピアニスト、Samson François(サンソン・フランソワ)。

それまでロック専門だった僕がクラシック音楽を本格的に聴く事になったのは、素晴らしいフィルムとの出会いがあったから。

偶然 YouTube で見つけたその古い映画のような白黒映像は、サンソン・フランソワとオーケストラによる『ショパン:ピアノ協奏曲第2番』のテレビスタジオ演奏を撮影したものでした。
フランソワの放つオーラと、ショパンのドラマチックな曲構成から、クラシック音楽に対するイメージが一瞬にして変わるような「何か」を感じました。

調べてみると、フランソワは多くのクラシック・ピアニストとは一線を画す独特なピアニスト。演奏家というよりも芸術家・アーティスト。天才肌。
「個性が強過ぎてピアニストのお手本にはならない」と言われています。「フランソワを聴いてしまうと他のピアニストの演奏ではもの足りなく感じてしまう」とも言われています。最高の褒め言葉ですね。

常識にとらわれない鋭い感性ときらめく個性で、クラシック音楽世界への大きな扉を多くの人に開いてくれた事に感謝。
Merci Beaucoup!(ありがとうございます!)
 
 
 

大変残念なことに、その素晴らしいフィルムは YouTube から消えてしまいご紹介することが出来ません。いつかまた見たいです。

代わりに、フランソワによる『ショパン:ピアノ協奏曲第2番』1958年と1965年の録音をお聴きください。
フィルムの演奏はこのどちらの音源とも異なるものだったと記憶しています。何か分かり次第、[追記]したいと思います。
 
 

サンソン・フランソワ – ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21(1958年)

Samson François; Paul Kletzki: Orchestre National de la Radiodiffusion Française

 
 

サンソン・フランソワ – ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21(1965年)

Samson François; Louis Frémaux: Orchestre National de l’Opéra de Monte-Carlo

 
 

[所有CD]

  1. サンソン・フランソワ『ショパン:ピアノ作品集 (10CD)』
    ピアノ協奏曲1&2は1965年バージョンのみ収録。ショパンに興味のある方には良いセット。ただしフランソワに興味がある場合は『EMI録音全集 (36CD)』がお勧め。
  2. サンソン・フランソワ『ドビュッシー&ラヴェル:ピアノ作品集 (6CD)』
    幻想的な音楽芸術。
  3. サンソン・フランソワ『EMI録音全集 (36CD)』
    フランソワと一生付き合いたい人向け。ショパンピアノ協奏曲1&2は1958年と1965年バージョンの2バージョン収録。ドビュッシー&ラヴェル、ベートーヴェン、リスト、シューマンや、ライブ録音、自作自演曲まで盛りだくさん。最高のボックス・セット。
    ※1と2は、3の『EMI録音全集 (36CD)』に全て含まれています。

 

[リンク]

投稿者:

KAAL

アーティスト/デザイナー。作品・商品の紹介や、好きな音楽のレビューなど。