Ned’s Atomic Dustbin

1990年代イギリス、Ned’s Atomic Dustbin (ネッズ・アトミック・ダストビン) 。今でも大好きなバンドです。

大きな特徴はツインベース(ベーシスト2人)というメンバー構成。
1人は低音ベースラインでどっしりとしたリズム感とグルーヴ感を出す一般的なベースだが、もう1人は高音で自由に跳ねまわるような印象的なメロディラインを弾き、ボーカルと並んで、あるいはボーカルよりも前に出てくるようなベースで、このバンドの主役と言ってもいい。

ベースが前に出てきている分、ギターは空間系スペースエフェクトで奥行き感をつくり、ディストーション歪みノイズ音でロック感を出すなど、効果音的な役割を担っている印象。プレイ自体は激しいのに全然うるさくない、音作りとしてはそういう印象。
 
1st アルバム “God Fodder (1991)” から2曲です。
 

Ned’s Atomic Dustbin – Kill Your Television

 

Ned’s Atomic Dustbin – Happy

 

存在感がある高音ベース/低音ベース/ノイズギターが複雑に深く絡み合いながらも、ボーカルとドラムスを含めた全体として気持ち良くまとまっており、何度聞いても飽きない。すごい!

ドラムも大変個性的だ。1曲の中に何種類ものリズム・パターンを入れてきて、途中で自然に切り替えながら曲調にメリハリをつけている。テンポは同じなのにリズムが変わるとスピード感が変わる。これも何度聞いても飽きない要素になっていると思う。

2ndアルバム “Are You Normal? (1992)” から2曲です。
 

Ned’s Atomic Dustbin – Walking Through Syrup

 

Ned’s Atomic Dustbin – Intact

 

ノリノリカッコイイサウンドでありながらどこか切ない気持ちにさせられるピュアなロック。内向的でやや意味不明な歌詞も、少年から青年になる頃の脳内の青い感じがリアルに表現されている。

誰もが通る、悩み多き年頃。
その時好きになったものや感じたことは、人生の中でも特別なものとなる。大事にしたいですね。
 
 
 
[追記]
3rdアルバム “Brainbloodvolume (1995)” では作り込まれたサンプリング音とロックの融合がクールで、デジタルロックやインダストリアル系ロックの先駆けだったと思う。しかし内容的には成長し大人になったような印象と、95年という時代の暗さや重さがあった。残念ながらここで解散してしまいます。

2000年に再結成したようですが、ライブ活動のみでスタジオアルバムは出ていません。
 

[所有CD]
1. Ned’s Atomic Dustbin『God Fodder』1stアルバム。
2. Ned’s Atomic Dustbin『Are You Normal?』2ndアルバム。これが一番のお気に入りです。超大物プロデューサーアンディ・ウォレスプロデュース!
3. Ned’s Atomic Dustbin『0.522』シングルB面集+α。
4. Ned’s Atomic Dustbin『Brainbloodvolume』3rdアルバム。
5. Ned’s Atomic Dustbin『One More: No More』再結成ライブアルバム。
 

[外部リンク]
ネッズ・アトミック・ダストビン (wikipedia)
Ned’s Atomic Dustbin 公式ウェブサイト

投稿者:

KAAL

アーティスト/デザイナー。作品・商品の紹介や、好きな音楽のレビューなど。