Mew (ミュー) 北欧デンマークのオルタナティヴ変拍子ロックバンド

北欧デンマークのバンド Mew(ミュー)。

世界メジャーデビュー2作目のアルバム『And The Glass Handed Kites(2005年)』は、僕にとって10年に1度クラス、もしくはそれ以上の衝撃を受けた作品でした。

早速ですが『And The Glass Handed Kites』から3曲、聴いてみてください。
 

Mew – Why Are You Looking Grave?

(生きていくことの不安)
 

Mew – Special

(不器用なコミュニケーション)
 

Mew – The Zookeeper’s Boy

(上も下も分からず、誰かに救いを求める)
 
 

明と暗、静と動。不意に訪れるターニングポイントとクライマックス。

’90年代オルタナティヴ・ロックの衝動がよみがえる。

聖歌隊の少年(少女)のような声で歌うのは、その進化形だ。

第一印象は大好きだった初期の The Smashing Pumpkins をアップデートしたような世界観に思えた。また Keane のような美しさがあるがピアノ曲ではなく、あくまでもギター・ベース・ドラムスに重心を置いたロックバンドサウンドであるという点が最大のポイント。削ぎ落とされた重く切れのあるビート。ビリビリくるギターリフと、ヒーリング系音楽要素(主にヴォーカルによる)が、見事に溶け込んでいる。そして変拍子(混合拍子)による複雑な曲構成とジャンルを超えた実験精神はプログレッシヴロック風で大変聴きごたえがある。アルバムではほぼすべての曲が途切れることなくつながっており、1つのロック・オペラ作品のようでもある。

荘厳なメロディーと何層も重なるコーラス・ハーモニーは教会音楽や聖歌のごとく美しく鳴り響く。しかし・・・

歌詞は暗い。

詩的で深い暗さ。
僕の好きなアーティストの1人、ムンクの詩を思い出した。ムンクも北欧ノルウェーだ。北欧特有の暗さを突き詰めたアート。夢と現実の境界線にある危うい美しさ、奇妙な魅力、魔力。

聴く度に新たな発見がある。

これほどのバンドにまた出会えるとは思っていなかったので、うれしい。
もっと多くの人に知って欲しいバンド。永く活動が続いて行きますように。
 
 
 

[追記]
ニューアルバム『+ -(プラスマイナス)』が今春リリースされます。メジャーレーベル契約を終えインディーズ作品となるそうですが、環境の変化はプラスとなるかマイナスとなるか?
プロデューサーに『And The Glass Handed Kites』を手掛けた Michael Beinhorn が10年ぶりに再起用されているのはとても嬉しい(何よりもプロデューサーは重要)。
 
そして先行シングル『Satellites』が公開されました。相変わらず個性的な曲構成。これまでにはない清々しいサウンド。新しいリズム。歌詞は・・・意志を感じる。
これは期待出来ますよ。発売が待ち遠しいなあ♪
 

Mew – Satellites

(私の人生は私自身のもの)
 
 

[所有CD]
1. Mew『Frengers』3rdアルバム。世界デビュー作。
2. Mew『And The Glass Handed Kites』今回紹介した 4thアルバム。アルバムで1つの作品として完成している。曲もつながっている(シャッフルでは聴けない)。傑作。
3. Mew『No More Stories Are Told Today I’m Sorry They Washed Away No More Stories The World Is Grey I’m Tired Let’s Wash Away』タイトルが長い! 実験性が増している。
4. Mew『Eggs Are Funny』ベスト版。シャッフルや1曲ずつで聴きたい場合はこのアルバム。
 

[外部リンク]
ミュー (wikipedia)
MEW 公式サイト

投稿者:

KAAL

アーティスト/デザイナー。作品・商品の紹介や、好きな音楽のレビューなど。