Devin Townsend

以前 VAI の記事でも紹介した Devin Townsend(デヴィン・タウンゼンド)。
 
1993年に VAI でヴォーカリストとして衝撃的なデビューをしたデヴィンは、その後ソロ/バンド名義で1~2年間隔でアルバムを発表し続けています。

先ずはその中の1つ、最もヘヴィなエクストリーム・スラッシュ・インダストリアル・メタル・バンド STRAPPING YOUNG LAD(ストラッピング・ヤング・ラッド)。VAI の時には見せなかった別の顔を披露し、メタル音楽好きの人からそれほどでもなかった人まで幅広く虜にしました。
アルバム『City(1997年)』からの1曲です。
 

STRAPPING YOUNG LAD – Detox

デトックス! 人々に溜まった怒りを身代わりとなって吐き出す生け贄としてのデヴィン。高速メタルドラマー、ジーン・ホグランに注目しよう。人間離れしたスピードと機械のように正確なテクニック、尋常ではないです。
 
 
 
 
次は2009年から現在も継続中の DEVIN TOWNSEND PROJECT(デヴィン・タウンゼンド・プロジェクト)。
サウンド面は宇宙に広がるような壮大なスケール感。空間系エフェクトをややかけ過ぎていると思うけれど、この音がトレードマークなのです。
 
アルバム『Addicted(2009年)』からの1曲。
 

DEVIN TOWNSEND PROJECT – Awake

Awake!目を覚ませ!と人々を導く賢者デヴィン。時折ヘヴィなデヴィンも顔を出すが、言葉は前向き。「怒り」ではなく「強さ」のエネルギー。パートナーのメタル歌姫アネク・ヴァン・ガースバーゲンとの相性も良さそうです。
 
 
 
メタル音楽というと一般的にはネガティヴ思考で攻撃的といった印象が強いのですが、デヴィンには「癒しのパワー(愛)」が溢れていて、これまでの型にはまらない特殊なタイプ。メタル界に単身突入し、迷える人々を救い出した救世主なのだと僕は勝手に想像しています。

誰にでも心の闇はあるだろうし、誰かの力になりたいという気持ちも持っているはず。
より良い世界や未来のためにパワーをつかえますように。

我々は自由なのだ(Awake 歌詞より)

 
 

[外部リンク]
デヴィン・タウンゼンド (wikipedia)
公式サイト

投稿者:

KAAL

アーティスト/デザイナー。作品・商品の紹介や、好きな音楽のレビューなど。